朝ごはんは鳩サブレです

ごはんとお酒と街歩きをよくします 山ともちちかと刀剣乱舞くんラブ 歴史と物語がすき

2023/11 京都の記憶

大阪出張が終わった後、そのまま京都にスライドしてわくわく源氏ランド(訳:北野天満宮大覚寺で行われている刀剣乱舞コラボイベント)を楽しんできました。

その前に藤森神社さんで写しの鶴丸国永と一期一振にご挨拶。


f:id:nomonomo1709:20231201124556j:image

f:id:nomonomo1709:20231201124552j:image

鶴丸グッズ博物館(宝物殿)がさらなるグレードアップを果たしていた。


f:id:nomonomo1709:20231201124651j:image

f:id:nomonomo1709:20231201124648j:image

何度訪れたかわからない藤森さん。立派なお社だけどどこかローカルでのどかな雰囲気が落ち着くんだ。

f:id:nomonomo1709:20231201124840j:image

藤森さんは勝負事の神様を祀っています。ということで勝負守りをいただきました(週末に雪山登山を控えていたので)(雪山vsわたしということで)(?)

京都駅で荷物を預けて(でっかいキャリーケースだったので駅の荷物預かりサービスで翌日まで預かってもらうことにした)、いざ北野さんする前に、西陣のお店「樽酒と蕎麦 VIBES」さんでランチがてら昼飲み。


f:id:nomonomo1709:20231203172012j:image

f:id:nomonomo1709:20231203172015j:image

f:id:nomonomo1709:20231203172022j:image

f:id:nomonomo1709:20231203172018j:image

古民家の店内にある樽で二種類のお酒をブレンドした升酒が程よい酸味と甘みでとてもおいしい。昼飲みにぴったり。そばがきでちまちまやりながら升酒お代わりして〆にお蕎麦をいただく。いい感じにほろ酔いになりながらそのまま歩いて北野さんへ。


f:id:nomonomo1709:20231203172516j:image

f:id:nomonomo1709:20231203172523j:image

f:id:nomonomo1709:20231203172512j:image

f:id:nomonomo1709:20231203172519j:image

髭切展示ととうらぶコラボの境内。入るなりわくわくの空間。ボイスガイドで聴く久しぶりの花江兄者と岡本膝丸に興奮する。

すっかり色づくまでにはもう少しの紅葉がそれはそれで鮮やかでいい感じ。


f:id:nomonomo1709:20231203172806j:image

f:id:nomonomo1709:20231203172809j:image

源氏兄弟モチーフのお花を観ながら老松さんのお茶屋さんで一服。ひんやりした空気にお茶の暖かさがうれしい。

f:id:nomonomo1709:20231203172954j:image

兄者……綺麗なのだ………

刀剣乱舞歌舞伎のお衣装展示も。


f:id:nomonomo1709:20231205123731j:image

f:id:nomonomo1709:20231205123728j:image

とうかぶ第二弾待ってます。シネマ歌舞伎も楽しみ。

そして組紐すごい。

 

わくわくした気持ちのままKNFを後にし、嵐電に乗る。

紅葉の京都はマジでホテルが取れなくて、太秦の民宿が本日の宿。色んな意味で田舎のおばあちゃん家感溢れるお宿だった。

荷物を置いて夕食へ。


f:id:nomonomo1709:20231205124110j:image

f:id:nomonomo1709:20231205124113j:image

いい感じに昼飲みで満たされたので、今夜はクラフトコーラでノンアル。

二条と西院の間あたりの「PAKUPAKU WINE&CURRY lab.」さんでスパイスとアチャールたっぷりのカレーをいただく。色んな食感を味わえて楽しいカレーだった。

帰りに旭湯さんでひとっぷろあびるとやっぱりビールを飲みたくなってきたので、宿に帰って缶ビールを一本。今日もおつかれ。

 

2日目はまた嵐電に揺られて今度は嵐山へ。


f:id:nomonomo1709:20231205124616j:image

f:id:nomonomo1709:20231205124613j:image

休日の嵐山はすごい人ですこと。そんな喧騒を抜けて嵯峨の大覚寺へ。

門跡寺院ならではの風雅さが好きでかれこれ片手で足らないくらいには訪れている。


f:id:nomonomo1709:20231205125321j:image

f:id:nomonomo1709:20231205125324j:image

皇室ゆかりのお寺にちなむ菊の展示。菊ってこんなに背が高いんだねえ。


f:id:nomonomo1709:20231205144201j:image

f:id:nomonomo1709:20231205144204j:image

大覚寺さんで売り子さんとして大切にされている綿たち。心なしかいい匂いがする。

大覚寺さんの薫りがとても好きなのでお香を買いました。うちのもち源氏もいい香りになろうね。

f:id:nomonomo1709:20231205170252j:image

大沢池を臨む一等地ではイケメンさんが。

安心の定位置ですね。

その後宝物殿で一年振りの膝丸さんにお会いして、大覚寺を後にした。朝一で行ったので人も少なくゆっくり観ることができてよかった!

歩いて嵐山駅まで戻り、「老松」さんの栗善哉をいただく。外の人波とは打って変わってこちらはゆったりとした時間が流れている。


f:id:nomonomo1709:20231206112728j:image

f:id:nomonomo1709:20231206112731j:image

甘いものと塩昆布の組み合わせ、いいよね。

さて、翌日の雪山行きの準備のあれやこれやをしなければのため、この日はお昼過ぎの新幹線で帰る予定。ほうじ茶を飲んでゆっくりしたところで京都駅に戻るべくJRの嵯峨嵐山駅に向かう。

お土産屋さんを冷やかしながら駅前に差し掛かったところで素敵な風情の本屋さんが。

f:id:nomonomo1709:20231206000742j:image

「ロンドンブックス」さんというこだわりセレクトの古書店でした。本のラインナップが好みな感じ。気になってたエッセイ本や「花と火の帝」で野心に燃える若き帝として描かれていた後水尾天皇の伝記などを買う。

 

京都駅に着いた後は新幹線ランチとして伊勢丹で憧れの「いづう」の鯖寿司とお酒いろいろを買い込み、引き取ったキャリーケースにお酒を詰めまくる。キャリーケースいらんかったな……と思ってたけど今この時のために借りてて良かったな……と思い直すなどした。(くらいかいこんだ)


f:id:nomonomo1709:20231206001335j:image

f:id:nomonomo1709:20231206001331j:image

鯖寿司のこの丸っこいビジュアルにときめく……お噂通りの美味しさでした。ペールエールとよく合った。

 

わくわく源氏ランド探訪に集約した今回の京都旅。うまいものをいただきつつ一つ一つをじっくり見て回ることができて充足感のある旅でした。

2023/11 大阪の記憶

 


出張で大阪に行ってきた時の記録です。

 

大阪出張といいつつ福岡やら広島やら飛び回りながらようやく大阪に戻りここから2泊。


f:id:nomonomo1709:20231130134340j:image

f:id:nomonomo1709:20231130134345j:image

ホテルは天満橋の「hotel noum OSAKA」。せっかく都市部だし(?)、お洒落なホテルに泊まりたいなあと思いデザイナーズホテルで検索して出てきたホテル。

f:id:nomonomo1709:20231130134427j:image

なんとアメニティがOSAJIで統一されている。この時点で好きポイント急上昇。おかげで持ってきたシャンプーセット使わず。

 

お部屋のタイプはリバービューのダブルを選択。窓際の1人がけソファに腰掛けて外の景色を見ながら飲むコーヒーpriceless。

f:id:nomonomo1709:20231130134038j:image

出社前にのんびり川沿いを散歩するなどした。


f:id:nomonomo1709:20231130134406j:image

f:id:nomonomo1709:20231130134505j:image

シンプルながらもソファやクッションの差し色が効いたお部屋で2泊くつろいで過ごさせていただきました。

f:id:nomonomo1709:20231130203711j:image

朝ごはんが推しのようなのでせっかくだからいただく。5種類の中から選んだのはスタッフさんおすすめのアボガドトースト。もったりしたアボガドの食感と下に敷かれた豆乳味噌クリームのまったりさがマッチしておいしかった。

f:id:nomonomo1709:20231130203744j:image

お客さんは外国人の方がほとんどだった。本棚も旅にまつわるものや民俗学的な本が多くて長逗留して色々読みたい気持ちになる。

スタッフさんもみんな和やかでのんびり過ごせた。

 

夕食は宿の近くの「すたんど太雅」さんからの「栄楽酢」さんでテイクアウト寿司。


f:id:nomonomo1709:20231130204145j:image

f:id:nomonomo1709:20231130204141j:image

初手で鰤の幽庵焼きをいただいたところで今夜の幸を確信する。汁まで飲みたい。


f:id:nomonomo1709:20231130204246j:image

f:id:nomonomo1709:20231130204250j:image

子持ちこんにゃく初めて食べたんだけどこんなにも酒のアテなのか。ヘルシーだし酒は進むしすごいやつだよ……

f:id:nomonomo1709:20231130204457j:image

落ち着いた店内で調度品も素敵で、立ち飲みだけど落ち着いて飲めるお店。近くにこんなお店がほしいと切に感じた。

 

お店を出てふらふらして、うにくろで足りないトップスを買い足したりコンビニに寄ったりしてたらお腹がいい感じにこなれてきたのでこれまた近くのお寿司屋さんに立ち寄る。


f:id:nomonomo1709:20231130204701j:image

f:id:nomonomo1709:20231130204657j:image

おかみさんの笑顔がやさしい街のお寿司屋さん。こんなお店が近所に(以下略)

関西に来たら!の巻き寿司とにぎり8巻をお持ち帰り。わんぱく。(巻き寿司は食べきれなくて次の日の朝ごはんにした)

 


f:id:nomonomo1709:20231130204920j:image

f:id:nomonomo1709:20231130204924j:image

大阪たのしき街。転勤しても楽しく過ごせそうだなと思いました。

週報(11月第2週)

先々週は!!簡単な日々の記録をつけることに成功したぞ!!

先週は出張→旅行→登山のハードオブハードスケジュールなのでそうはいかなかったけど……

ということで11月第2週の週報です。

 

  • びあまへ
  • 酒に逃げなかった日
  • 期待と憂鬱と
  • 評価は思わぬところに
  • 準備に追われる
  • ワインとビールと

 

びあまへ

月曜日は仕事終わりにクラフトビアマーケットへ。月火限定でやってる¥2000でクラフトビール2時間飲み放題が目当て。

たくさん飲んだ。

この日のラインナップはどこかお茶を思わせるような馨しい風味のものが多かった気がするな。

提供に少し時間が掛かるので、早めにオーダーがおすすめ。

 


f:id:nomonomo1709:20231120070505j:image

f:id:nomonomo1709:20231120070509j:image

f:id:nomonomo1709:20231120070501j:image

f:id:nomonomo1709:20231120070514j:image

友達の恋バナを聞いて、恋は当事者の時はメチャしんどいけど、楽しいんだよな……とありし日の自分のことを思い出したりした。

安西先生……そろそろ恋が……したい……です……

 

酒に逃げなかった日

趣味関連でしんどいニュースを聞く。

表に出ている情報が全てではないし、何が正しいかを判断できる材料も断罪する権利もわたしには持ち合わせていない。

こうなってみると、わたしの好きな人が可能な限り愛に包まれて健やかにこの世界を後にできますように、という自分本位過ぎる願いに終始しそうになって、そんな自分にも悶々とする。

そんな日だったけど、飲みが続いたので休肝日とした。酒に逃げて目の前の酒を台無しにすることはしなかった。わたしえらいぞ。

 

期待と憂鬱と

山の会へ。

話の流れでラッセルを伴う本格雪山テント泊デビューをすることに。

靴以外は持っているから装備はなんとかなるけど、今のわたしにその体力と技術があるのかいまいち判断がつかず、こちらは不安半分楽しみ半分。

そしてこの予定を入れたことによって翌週まるまる家を空けることになり予定がえらいことに。自分の体力と(人と一緒の生活が続くことへの)メンの心配も浮上する。

まあなんとかなるか……

(これを書いている今はそのえらいこっちゃ予定の消化真っ最中です)

 

評価は思わぬところに

本業ではないところで上役からすこぶる賛辞をもらう。自分としては本当に大したことをしていないし、やろうと思えば誰でもやれることだと思っていることなので、素直に褒めてもらえた嬉しさ3分の2、戸惑い3分の1という感じです。

これも認知の歪みなのか?

でも少しでも誰かが喜ぶことができているならいい。それがわかってよかった。

 

業後は飲み会。前日ビールしこたま飲んで胃腸が荒れ気味だったので日本酒でまったりとやる。

楽しいけどおじさんパワーを浴びすぎて若干の疲労。家でワカハイ動画を見て若者成分をチャージした。

 

準備に追われる

仕事をなんやかわやで終わらせ、来週のえらいこっちゃ予定の準備に勤しむ。

とりあえず明日からの収穫祭と出張&雪山登山の準備。

 

まずは来週はその時間がないため慌てて雪山登山靴を買いに行く。

神保町の「カンダハー」で2足履かせてもらって、足幅にゆとりがあって痛みのなかった「ASOLO」のものに。

色で選んだわけではないけど意図せずユニラン一族カラーの緑色のブーツ。

f:id:nomonomo1709:20231129111041j:image

これからキミのことをランクルスと呼ぼう。(いっしょにいる綿の子は進化前のダブランちゃんです)

自分で行くと決めた山行なのに、いざとなると憂鬱になってきてしまう性質だから、こうして山行そのもの以外に心が浮き立つ要素(推し色)があるといい。

しかし雪山用品の買い物をしていると単品6万↑が普通すぎて数千円が端金に思えてきてしまう恐ろしさよ……この靴は6万くらいでしたがそれでも雪山靴ではお安い方と聞いて震えちゃったね

あとは登山用リュックに詰めるアイテムをひとまとめにしたりレンタルしたリモワのスーツケースに出張荷物を詰め込んで終。スーツケースを普段使わないのでサイズ感がわからず明らかにオーバースペックなものを借りたことに気づく。

f:id:nomonomo1709:20231130112938j:image

今思えばいつも使ってるバックパックで充分事足りていた。

リモワを持つ機会もそうないのでそれはそれでよしとする……

 

ワインとビールと

休日は足利市にあるワイナリー「ココファーム」の収穫祭へ。

収穫祭に参加するのは土曜だけどゆっくり飲みたいので泊まりにした。もはや一泊なので何の準備もせず出発。

f:id:nomonomo1709:20231129111722j:image
f:id:nomonomo1709:20231129111718j:image

トラブルがありつつも無事快晴の下ワインにありつく。わたしはできたてワインを、同行の友人は収穫祭記念の赤をもらい1人につき750ml(つまりフルボトル)を飲み切った結果、まあ酔っ払いまして、後半の記憶があまりない。(ココファームからフラフラ歩き始め、4kmくらい経ったところで我に返りタクシーを呼んで家に帰った思いで)


f:id:nomonomo1709:20231130112152j:image

f:id:nomonomo1709:20231130112155j:image

酔いが冷めたところで佐野ラーメンを食べに行く。疲れた肝臓に優しい味。

二日連続で食べた。


f:id:nomonomo1709:20231130112327j:image

f:id:nomonomo1709:20231130112331j:image

翌日は観光もそこそこに「りょうもう」に乗り北千住まで帰京。「さかづきブルワリー」でビールランチ。

自家醸造の香ばしい匂いが漂う中で食べる炭火焼きせせりがめちゃおいしい。ビールはそれぞれ食事とのペアリングがおすすめされていて、どれも食事に合わせやすい爽やかなお味だった。

また来たい。

週報(11月第1週の休日)

思い出した時&気が向いた時にだけ週報を書いてみんとす。

……と思ったけど早くも先週の日々の記憶が朧なので、毎日の記録というよりは書きたいことだけ書き残していくスタイルにしてみる。ということで今回は休日のきろく。

続くかはわかりません……

 

 

鎌倉うろうろ

鎌倉から引っ越して早一年。病院や美容院やら整体院やら(全部院だ)でなんだかんだ月1のペースで鎌倉には来ている。

どの院もまだ今住んでいるところでしっくり来るところを見つけられていないから……が概ねの理由だけど、鎌倉に来る理由を残していたいだけなのかもしれない。

正直主だった観光地は行き尽くしたし、鎌倉で何をしたいわけでもないんだけどとにかく鎌倉を歩いていたい。

ということで今回も鎌倉うろうろ。

 

f:id:nomonomo1709:20231113123504j:image

大船(大船は鎌倉だよ!)の老舗ブーランジュリーのCALVAが新しく大船駅前に出店したクレープ&アイスクリーム屋さんでガナッシュ入りのシンプルクレープをいただく。クレープの熱でほろほろ溶けたガナッシュの濃厚さが肌寒い空気に心地いい。

カルヴァのパンは鎌倉に住んでた頃よく買ってたのだけど、ブーランジュリーの方のお店を覗いたら大分高級路線にクラスチェンジしていた…… (店員さんに言ってパンを取ってもらうタイプのお店になっていたのでパン自体のお値段はみてない)

街のパン屋さんからのお店の変化にちょっとせつなくなるなどした。

 

f:id:nomonomo1709:20231113124008j:image

クレープで小腹を満たして、鎌倉駅へ移動。時期的に人でごった返しているかと思ったけど駅前はそうでもなかった。

小町通りは安定の芋洗いで、その間を縫いながら、OSAJIの店舗へ。

ここはOSAJI商品の販売とともに「enso」というレストランと調香体験を提供している複合型のショップ。古民家の暖簾を潜り靴を脱いでから物販コーナーでお目当てのホリデー限定ネイルを探す。

グリーンホリックなわたしは案の定「弦楽器」に速攻で目を惹かれたけど、緑ネイルの在庫を思い出し、そこはグッとこらえて穏やかなピンクが心地よい「いつくしみ」を購入。オサジ アップリフト ネイルカラー 2023HOLIDAY【数量限定商品】

8000円以上でもらえるノベルティの巾着がかわいいのと、スキンケア用品やフェイスパウダーなど心惹かれる商品が多くてうっかり予定のない買い物をしそうになったけど、これも在庫を思い出してグッとこらえる。

なんだけど、このリップだけは今も心に掛かっていて購入を真剣に検討している……

オサジ ニュアンス リップグロス

(これの「旅路」という色です)

どう考えても今の気分・服装・顔立ちに合って、好きな色だから買わない理由はなかったのだけど、これもリップの在庫を考えて一旦保留にしたのだ。

でもこれだけ心残りになっているのだから、次OSAJI店舗の近くに寄ったら買います。(宣言)

 

あとはアンティークショップやリサイクルショップなどをちらちら見て(アルミの大きめのお鍋が売ってて、テント泊山行に使えそうだな、と思った)、北条一族が鎌倉幕府の滅亡とともに終焉を迎えた地・東勝寺の跡地に赴きしばし思いに耽るなどした。

f:id:nomonomo1709:20231113125625j:image

2年前に来た時より随分さっぱりした。大河に合わせて整備されたのかな?台風の影響で封鎖されてたハイキングコースも復活していたので、今度歩きに来たい。

 

いつものお店の開店まで、喉も渇いたのでどこかでビールでも一杯……と思ったけど目星をつけていたところはどこもお休み&人いっぱい。

しばらくうろうろして、駅近のレトロな商店街の中にある、ずっと気になっていた立ち飲み屋さん「天昇」に空きがあるのをみて、飛び込む。


f:id:nomonomo1709:20231113130043j:image

f:id:nomonomo1709:20231113130047j:image

いつも店の外まで人が溢れてるし、なんとなく入りづらい雰囲気を感じていたんだけど、いざ入ってみるとお店の人は気さくだし飲み物もリーズナブルで、なにより焼き物を始めとするおつまみ達がとてもおいしい。

焼き物しかないかと思っていたら地物(横須賀・佐島漁港)のアオリイカのお刺身があって、これがぷにぷにした食感と濃厚なうまみがあっておいしい。

ぷりぷりの焼き鳥もおいしく、こりゃ満員御礼なわけですわと納得の嵐。もうこのままここで飲み続けようかと思ったけど、店外に待ちも出てきたし、酎ハイ二杯で切り上げていつものお店へ。


f:id:nomonomo1709:20231113154229j:image

f:id:nomonomo1709:20231113154239j:image

f:id:nomonomo1709:20231113154235j:image

f:id:nomonomo1709:20231113154244j:image

何を食べても美味しい。季節の洋梨とベーコンのソテーの甘じょっぱいうまみがたまらん。いつもここではワイン(ナチュールが充実!)だけど初めて奄美のラムを飲んでみた。効く。シメによい。

たまにしか行かないお客だけど顔を覚えてもらえていてうれしい。

この立ち飲みハシゴを鎌倉恒例のコースにしたいと思う。

グリーン車で爆睡して帰路に着く。

 

レーニングの高尾山へ

11月はあまり山に行けなさそうなので少しでも歩いておきたいなと思い近郊でハイキングコースを探す。

最初は南高尾のセブンサミッツを回るのが負荷的にもちょうどいいなと思ったけど、コースタイム7時間のロングコースで案の定寝坊したので安心安定の高尾山ピストンに。

f:id:nomonomo1709:20231113173824j:image

さむい。

行きは6号路から。

f:id:nomonomo1709:20231113173848j:image

沢沿いで水の音が心地いい。

レーニングなので軽く飛ばしながら、1時間ほどで山頂へ。


f:id:nomonomo1709:20231114084825j:image

f:id:nomonomo1709:20231114084822j:image

頂上はなかなかの人人人。うどんやお蕎麦を出す茶屋さんは大行列。あたたかいもの食べたいよね。

写真もそこそこに、座れそうなスペースを見つけて簡単にお昼。前日に大船駅の浅野屋で買ったアップルパイと家で淹れてきたコーヒー。まだ温かい。さすがテルモスくん。汗で少し冷えてきた体がぬくまった。

 


f:id:nomonomo1709:20231114094109j:image

f:id:nomonomo1709:20231114094116j:image

下りは稲荷山コースを辿ったけど、階段や木道で綺麗に整備された代わりに、山道らしさは少なくなってしまっていた気がしてさみしい。

これからは6号路と病院裏コースで歩こうかなあと思いつつお稲荷さんに出会ってテンションが上がる。

f:id:nomonomo1709:20231114094218j:image

これからも楽しく安全に山登りができますように。

 

下山後は楽しみにしてた高尾ビール!

……の前に通りがかったお店でお稲荷さんをちょっとつまむ。

f:id:nomonomo1709:20231114094350j:image

山菜が入っている。

 

駅方面にてくてく歩いていくといつのまにかSALOMONの直営店ができていたので、ふらりと入って軽ハイキングシューズを試し履き。捻挫防止用ラバーになるほどとなったし見た目もやはりいい。購入候補にする。

f:id:nomonomo1709:20231114112033j:image

トレラン系のギアが充実していた。

 

そんな寄り道をしつつもさらにてくてくしお目当ての高尾ビールが置いてある「タカオネ」へ。

f:id:nomonomo1709:20231114112432j:image

こちらは高尾山口駅前にある宿泊施設との複合カフェで、お庭で焚き火なんかもできたりするらしい。この日は寒い日だったので、ブランケットにくるまりながら火に当たっている人たちが何組かいた。


f:id:nomonomo1709:20231114112427j:image

店内に置かれていた「山と渓谷」の山小屋特集を読みながら高尾ビールとアンチョビポテトをいただく。ビールはハイキング終わりにちょうどいい爽やかなフルーティーさがあってぐんぐん進む。

ポテトもバターがしっかり効いたホクホク具合。

 

また山小屋に泊まりたいなあ、と先月泊まった金峰山小屋のことを思い出しながら本を閉じて、京王線で帰路に着く。

 

帰りに酒屋さんで予約した日本酒を受け取って、軽く立ち飲み(昨日に引き続き)して家に戻り「舞台刀剣乱舞 単独行」の配信に備えてつまみを作った。

単独行最高だった。あらまきくんは至宝だなと再認識した。

 

 

おわり

2023年上半期買ってよかったもの

色んな方の買ってよかったシリーズが大好きなので、わたしもやってみんとす。

思い出したら適宜追記するかもです

 

シェーカーボックス

f:id:nomonomo1709:20230822142650j:image

憧れていたインテリアグッズの一つ。白が珍しくて楽天で購入。

住所が決まっていなくてデスクや床に散らばっていたモノをとりあえず格納してしまえば、すっきり&さっぱり見えるので、汚部屋建築士一級所持者のわたしにはありがたitem。

今後はこの子を正しくインテリアアイテムとして機能させてあげられるお部屋に仕上げていきたいと思っています。

 

ジョーマローン メランコリーシスルコロン


f:id:nomonomo1709:20230822142622j:image

f:id:nomonomo1709:20230822142626j:image

GINZA SIXの店舗で購入。みんな大好きジョーマローン。いつか欲しいなあと思っていたところ、限定コレクションのボトルがあまりにツボでついにデビューしました。

スコットランドの原野をイメージしたという「ハイランドヘザーコロン」。完全に見た目で選んだのだけど、どことなく野花を思わせる溌剌とした香りが軽やかで、いい意味で構えることなく日常遣いができています。

ちなみにラッピングのリボンはちょうど「ミュージカル刀剣乱舞〜花影揺れる砺水〜」を鑑賞した直後だったので、長谷部色だな……と思いながら選んだ。ミュへしかわいいよミュへし。

 

クラランス フィックスメイクアップ

f:id:nomonomo1709:20230821125828j:image

言わずと知れた名品。ZOZOのコスメクーポンが出てた&限定のカメリアデザインがかわいかったので、前に使っていたフィックスミストが切れたタイミングで購入。

マスク&この猛暑でもパウダーをはたいた後のサラサラ感を残してくれるすごいヤツ。

みんながいいというものはやはりいい。そんなことを思った一品でした。夏はこいつと旅に出る(ピカテウ)

 

ミレー UVロングアームカバー

UVロングアームカバー | ミレー(MILLET)公式オンラインストア

7月に買いたてホヤホヤのブツが早くもランクイン。

これはつい先日行ったしまなみ海道自転車旅のために登山用品店であわてて買ったものなんですが、この猛暑の日焼け対策として予想以上に良い働きをしてくれました。

なにが良いかって、羽織物みたいに背中に一枚余計な布を被せなくても、日差しから腕を皮膚を守ってくれるところ……(当たり前体操なことを言っている自覚があります) グレーの色も見た目に重すぎなくてよい。

おかげで全身で風を感じつつ、腕は日焼けすることなくさわやかにしまなみ海道30kmを走り切ることができました。

今まで日焼けが怖くて、夏山だろうが長袖を着ていたんですが、これがあれば半袖もこわくない。ということで今夏の登山には必ずこの子を連れて行こうと思います。

 

Pokemon fit ぬいぐるみ ユニラン&ダブラン

578 ぬいぐるみ Pokémon fit ダブラン : ポケモンセンターオンライン

買ってよかったものというか、お迎えしてよかったもの(綿はいのちなので。)堂々ぶっちぎりの第一位はポケモンBWに出てくるユニラン一族のぬいぐるみたちです。

(最終進化系であるランクルスがいないのは、売り切れでお迎えできていないから……)

 

RTで回ってきたダブランぬいのあまりの可愛さに、BWプレイ当時にランクルスをパーティに入れて愛でていた感覚が蘇り、葛藤の末(綿は安易に増やさないと心に決めている)、発売日にポケモンセンターに走りお迎えした子達です。

 


f:id:nomonomo1709:20230821130052j:image

f:id:nomonomo1709:20230821130048j:image

f:id:nomonomo1709:20230821130055j:image

f:id:nomonomo1709:20230821130058j:image

お迎えして早半年、色んなところにいきました。

自立するユニとダブ。

 

いつかランクルスもお迎えして三匹でお出かけがしたいです。(株)ポケモンさん、再販よろしくお願いします…… 

4月のおいしかったもの そのに

お前今何月だと思ってるんや?8月ですはい

ということで以下下書き供養

 

◯麦酒倶楽部ポパイ

(東京・両国)

 

70種類以上あるビールタップのメニューを凝視するもちちか


f:id:nomonomo1709:20230515161118j:image

f:id:nomonomo1709:20230515161113j:image

 

f:id:nomonomo1709:20230515161314j:image

ビールの水面に映る己と対話するもちちか

 

◯高円寺ビール

(東京・高円寺)


f:id:nomonomo1709:20230515161416j:image

f:id:nomonomo1709:20230515161412j:image

 

 

◯堀川くんたちに会いに行ったよ(茨城・古河)


f:id:nomonomo1709:20230515161656j:image

f:id:nomonomo1709:20230515161652j:image

 

ウェルカムボードに、さ、「審神者さま」……!

王道のメニューで上品な味付けだけどボリューミーでお腹いっぱいになるお弁当だった。

俵形のごはんってザ・料亭のお弁当って感じがしてテンション上がるよね。

 

f:id:nomonomo1709:20230516162753j:image

鯉の洗い。臭みがなくコリコリして美味。

2023/7 礼文・利尻島のたび〜prologue〜

 

7月の海の日三連休で、北海道のみんな大好き離島・礼文島&利尻島にいってきました。

 

最初は利尻山に登るつもりで立てた計画だったけど、天気あまり良くない&交通機関の時間的兼ね合い等々を鑑みて、今回は乗り物エンジョイして北の味覚に舌鼓を打ったりまったりハイキングやサイクリングを楽しむゆる旅になりました。

 


f:id:nomonomo1709:20230807213900j:image

f:id:nomonomo1709:20230807213904j:image

f:id:nomonomo1709:20230807213857j:image

大洗港から商船三井さんふらわあで苫小牧港まで。

 

f:id:nomonomo1709:20230807124636j:image


f:id:nomonomo1709:20230807124640j:image
f:id:nomonomo1709:20230807124633j:image

 

特急ライラックで深夜の旭川を目指すも宿難民になりかけたところをタクシーで10分近くの万葉の湯に救われたり。

 


f:id:nomonomo1709:20230807124823j:image

f:id:nomonomo1709:20230807124820j:image

f:id:nomonomo1709:20230807124817j:image

特急宗谷で永遠に続きそうな草原風景を眺めながら最北端に到達したり。

 

f:id:nomonomo1709:20230807213418j:image
f:id:nomonomo1709:20230807213411j:image
f:id:nomonomo1709:20230807213414j:image

 

礼文島で凍えながら(なお当時の東京の気温は38°)過去一ウマいほっけをつついたり

 


f:id:nomonomo1709:20230807213602j:image

f:id:nomonomo1709:20230807213605j:image

f:id:nomonomo1709:20230807213609j:image

f:id:nomonomo1709:20230807213558j:image

利尻島で今が旬の雲丹をユニランとつついてサイクリングしたり🚴

 

移動と食と歩きを存分に楽しんだ旅でした🚶